ご挨拶

Greeting

Scroll

ご挨拶

新しい時代も「快適と信頼」を
提供し続けられる会社を目指します。

コロナ禍が世界中を覆い、感染防止と経済継続の両立を目指し、各地で多くの人たちが努力をしています。未知のウイルス対応に、なかなか正解は見つかりませんが、どんな施策を進めるにしても大切なのは「他の人の事を思いやる」という視点ではないかと思います。

「明けない夜はない」、みんなができる事で努力していけば、少し社会のカタチは変わるかもしれませんが、新しい素敵な朝を迎えられると確信しています。

さて、社会や経済もこのコロナへの対応をきっかけに大きな変革の時代を迎えております。変革時において重要なのは会社の原点を見つめ直す事とそれをベースに新しい改革に挑戦していく事です。

板通は塗料・工業薬品・設備など表面処理に係る商材販売を中心に昨年創業130周年を迎える事ができました。「三方よし」の考え方に基づいてすべての「お客さまに快適と信頼の提供」を目指す精神はこれからも変わりません。そしてその原点を忘れずに、ICT技術や板通グループの社内外ネットワークを駆使して「社会が求めているサービスの開発」や「仕事の仕方の改革」に取り組んで参りたいと思います。

みんなで創るいい社会。板通はこれからもチャレンジし続けます。

代表取締役社長

板橋信行

理念

「快適と信頼を全てのお客様に」

方針

CSR基本方針

10のテーマ

  1. 1

    顧客満足

  2. 2

    環境保全

  3. 3

    地域貢献

  4. 4

    団体貢献

  5. 5

    社会奉仕

  6. 6

    スポーツ振興

  7. 7

    健康経営

  8. 8

    人財育成

  9. 9

    ワークライフバランス

  10. 10

    ダイバーシティ

品質方針

5つのテーマ

  1. 1

    感染防止と生き残り

  2. 2

    戦略的かつ横断的に開拓を推進する

  3. 3

    生産性向上と開発で付加価値を生み出す

  4. 4

    世界へよりよいサービスを提供する

  5. 5

    組織改革、人材育成、投資の推進で未来を創る

環境方針

7つのテーマ

  1. 1

    化学製品の適正管理

  2. 2

    環境に配慮した製品・
    サービスの提案と販売

  3. 3

    資源の有効利用と省エネルギーの推進

  4. 4

    廃棄物の削減

  5. 5

    生物多様性保全活動の推進

  6. 6

    地域環境活動へ参画

  7. 7

    当社環境方針の企画・改善・推進

板通のコーポレートカラー

  • ハート お客様を大切にするハート
  • 情熱 仕事を成功させる情熱
  • 合理性 デジタル技術を駆使した合理性

沿革

創業者板橋半次郎が、絹織物を染める染料の商いを始めたのは明治22年のこと。以来、営業品目は多様化・高度化し地域密着型の営業ネットワークも拡充されました。社名も「えのぐ屋」から「株式会社 板通」へ。

板通は常に時代のフロントを疾走し、時代のニーズにフレキシブルに応えてきました。それは、新しい可能性に挑戦する若々しい精神が、板通の歴史を貫いているからです。

私たちは、今後もチャレンジ精神をけっして忘れません。企業理念“創造的流通”を通して、豊かな21世紀に貢献していきます。

創業者 板橋 半次郎の銅像

時代と共に移り変わる本社社屋

創業

1889

(明治22年)

板橋半次郎、足利市井草にて染料商「えのぐ屋」をはじめる

1900年代

1905

(明治38年)

一代目・板橋栄三郎、家業を継ぐ

1917

(大正6年)

ニ代目・板橋栄三郎、家業を継ぐ。
塗料、塗装用機材を商う

1931

(昭和6年)

ホーチキ(株)の代理店となり、消火器の販売を開始

1941

(昭和16年)

中島飛行機製作所協力工場の指定を受け、工業材料、工具類の調達・納入を幅広く行う

1948

(昭和23年8月)

株式会社(資本金50万)に組織変更し、「株式会社板橋商店」となる。主に塗料、工業薬品を扱う

1963

(昭和38年2月)

群馬県太田市に太田営業所(旧太田支店)開設

1967

(昭和42年5月)

資本金400万円に増資。めっき工業向け資材の販売に着手。 塗装設備消火器設備部門を充実

1969

(昭和44年8月)

本社を足利市旭町553番地(現住所)に移転。
合成樹脂部門を強化

1973

(昭和48年5月)

栃木県小山市に小山営業所(現小山支店)を開設

1973

(昭和48年12月)

社名を「板橋通商株式会社」に変更。
資本金3000万に増資
板橋敏雄が社長に就任。

1974

(昭和49年4月)

足利税務署より優良申告法人として表彰される(以後、2019年の国税調査対象となるまで、優良申告法人継続)

1976

(昭和51年4月)

配送センター(太田東部工業団地)を開設

1977

(昭和52年11月)

塗装工事・防水工事・消火施設工事等建築業許可を受ける

1982

(昭和57年11月)

配送センター隣接地に営業本部を開設

1983

(昭和58年10月)

建装事業部(旭町本社ビル内)の開設にともない、塗装工事・防災工事部門を拡充
両毛成型品塗装株式会社設立

1983

(昭和58年12月)

本社ビル1階を改装し、ペイントおよびインテリアの専門店「アルファ」を開設

1984

(昭和59年1月)

宇都宮、平出工業団地に小山支社宇都宮営業所(現宇都宮支店)を開設

1985

(昭和60年2月)

群馬支社(旧太田支店)を太田市西部工業団地移転

1986

(昭和61年1月)

小山支社水戸営業所(現水戸支店)を水戸市南部に開設

1989

(平成元年7月)

創業100周年を期に社名を「株式会社 板通」に変更。
埼玉県東松山市に群馬支社東松山営業所(現埼玉支店)を開設

1992

(平成4年4月)

高崎市倉賀野金属工業団地に
高崎支店を開設

1992

(平成4年12月)

ペイント・インテリア専門店「アルファ」を改装し、「INTERIORオレンジ館」を開設

1993

(平成5年12月)

板橋秀二が社長に就任

1999

(平成11年4月)

ISO9001取得

2000年代

2001

(平成13年1月)

本社1階にインテリア&キルトショップ「れんが」開設

2001

(平成13年12月)

東松山支店(現埼玉支店)を東松山市市ノ川へ移転

2002

(平成14年7月)

昭和サイン株式会社 株取得によるグループ化

2003

(平成15年5月)

両毛成型品塗装株式会社 太田工場設立

2004

(平成16年12月)

板橋信行が社長に就任

2005

(平成17年2月)

マニラオフィス開設

2005

(平成17年7月)

北関東ケミカル株式会社設立

2006

(平成18年10月)

宮城県大崎市に東北営業所(現東北支店)を開設

2008

(平成20年2月)

経済産業省の中小企業IT経営力大賞2008で
「IT経営実践認定企業」に認定

2008

(平成20年5月)

ITATSU(THAILAND) CO.,LTD設立

2008

(平成20年10月)

有限会社 落合消防商会 株取得によるグループ化

2011

(平成23年4月)

PT.ITATSU INDONESIA設立

2011

(平成23年9月)

足利支店と太田支店を統合し両毛支店を開設
東松山支店を埼玉支店へ名称変更

2011

(平成23年10月)

製品加工事業部を太田市西新町(旧太田支店)に移転

2012

(平成24年2月)

板通商貿(上海)有限公司設立

2015

(平成27年4月)

ホーチミン事務所開設

2016

(平成28年11月)

両毛成型品塗装株式会社足利工場設立

2017

(平成29年5月)

デイサービスさくらの里開設

2018

(平成30年4月)

ホーチミン事務所を現地法人化し
ITATSU VIETNAM CO.,LTD設立

2018

(平成30年5月)

経済産業省より「地域未来牽引企業」に選定される

2019

(令和元年9月)

東北営業所を東北支店に名称変更

2020

(令和2年8月)

デイサービス湯ざくら開設

お問い合わせ

CONTACT

問い合わせはこちら

採用情報

RECRUIT

採用情報はこちら